【ベトナム麺料理 Vol.3】ハノイでフォーを食べるなら絶対ハズせないのはこの3店

李瑚/Lico
WRITER
 
ハノイのフォー
スポンサーリンク

*女性向け無料情報アプリ*【LUCRA(ルクラ)】

海外旅行やおでかけ、ファッション情報など女性向けの情報が満載

旅行前にぜひチェックしてみてください!

LUCRA(ルクラ)-知りたいが見つかる女性向けアプリ
LUCRA(ルクラ)-知りたいが見つかる女性向けアプリ
開発元:Gunosy Inc.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

ベトナム料理の代表『フォー』を本場で食べてみたくありませんか?

ベトナムの人々の朝食としてもよく食べられている”フォー”は、こちらではもはや生活の一部。

日本でもベトナム料理の定番となっている”フォー”ですが、実はコメ食文化でもあるハノイを初めとしたベトナム北部が発祥と言われているのです。

今回は、『ハノイでフォーを食べるならココはハズせない!』という、地元の方にも観光客にも大人気の有名店3店をご紹介します。

スポンサーリンク


●ハノイのフォー:そもそも”フォー”とは?

日本でも馴染みとなっている”フォー”ではありますが、どのような料理なのかをもう一度おさらいしたいと思います。

フォーとはベトナムで数ある米粉を使用した麺の中でも、薄く引き伸ばして蒸した米生地を幅広く裁断した平麺のことを指し、日本でいう細いきし麺のような形をしています。
そして、この麺と合わせるスープですが、あっさりとした”鶏肉のフォー(Pho Ga)”コクのある”牛肉のフォー(Pho Bo)”2種類があります。

日本のベトナム料理レストランでは、鶏肉のフォーをよく見かけるような気が…。(私自身が鶏肉のフォーをよく食べていたからかもしれませんが。)

しかし、ハノイにいると、街中には牛肉のフォー屋さんの方が何となく多い印象を受けます。

やはりフォーの本場のベトナムということもあり、レストランで食べても屋台で食べても、基本的にはどれもおいしいです!

スポンサーリンク


●ハノイのおすすめフォー① Pho Thin(フォーティン)

まず最初にご紹介するのが【Pho Thin(フォーティン)】

軒先の大きな鍋とアルミの看板が目印のこちらのお店は、観光の中心であるハノイ旧市街からは少し離れていますが、わざわざ行く価値ありです!

そしてお店のメニューは、1種類の牛肉のフォーのみ。

そのため、何杯ほしいのか数字を伝えるだけで大丈夫なので、ベトナム語が分からなくても安心ですね!

ベトナムの麺料理の画像まずは、お店の入り口で個数を注文し、先にお会計を済ませてください。そして、空いている席に座っていれば、店員さんがフォーを運んで来てくれます。

【Pho Thin(フォーティン)】のフォーの特徴は何と言っても麺を全て覆ってしまうほどネギがたっぷりと載ったフォーです。

牛肉の出汁がしっかりと出たコクのあるスープとネギの絶妙なバランスがたまりませんね!

こちらのフォーはちゃんと火を入れた細切りの牛肉をトッピングしてあるタイプのため、「半生のお肉は少し心配…」という方も安心して食べられます。

ベトナムの麺料理の画像ちなみに、写真の左上の調味料ですが、唐辛子が入っているもので、フォーに入れると辛さで味がピリッと引き締まります。少し入れるだけでも十分辛くなるので、辛いのが苦手なかたは少しずつ調整しながら入れてみてください。

【Pho Thin(フォーティン)】

◆Address◆

13 Lò Đúc, Ngô Thì Nhậm, Hai Bà Trưng, Hà Nội, ベトナム

●ハノイのおすすめフォー② Pho 10 Ly Quoc Su(フォー10リークォックスー)

続いてご紹介するのが、ハノイ旧市街の大教会から徒歩2分という好立地の【Pho 10 Ly Quoc Su(フォー10リークォックスー)】です。

味はもちろんのこと、何と言っても立地が良いということもあり、地元の人と観光客で常に行列…。

しかし、フォー屋さんは回転がとてもいいので、並んでいても10分くらい待てばだいたい入れます。そして、オレンジ色の外観が目立つので迷うことはないと思います。

そして、並んでいると店員さんが人数を聞いて、席に案内してくれます。

ベトナムの麺料理の画像
ベトナムの麺料理の画像

こちらのお店も牛肉のフォーのみとなりますが、メニューを見ると色々書いてある…。しかし、覚えてもらいたいのは3つだけ。

◆覚えておきたい3つのメニュー◆
●Tai(軽く湯通しした半生の牛肉)

●Chin(しっかり火の通った牛肉)

●Tai Chin(↑の2つのミックス)

それぞれ60,000VND(約300円)

個人的にはTaiまたはTai Chinがオススメではありますが、お腹が心配という方はChinを食べるのがいいと思います。

オーダーの仕方は、席についてから注文をし、食べ終わって店員さんを呼ぶと伝票がもらえます。そして、その伝票を入り口のレジ?に持って行ってお会計をするかたちとなります。

フォーの味としては、先ほど紹介した【Pho Thin(フォーティン)】ほど濃厚ではなく、しかし鶏肉のフォーほどあっさりしていない、ほどよい濃厚さを残した牛肉のフォーです。

そして、こちらのお店にもある赤唐辛子。この唐辛子の威力が本当にすごいです!

赤唐辛子をひとかけら少しスープに浸けるだけで、とても辛くなりますのでご注意ください。

【Pho 10 Ly Quoc Su(フォー10リークォックスー)】

◆Address◆

10 Lý Quốc Sư, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム

●ハノイのおすすめフォー③ Pho Gia Truyen Bat Dan(フォーザーチュエンバットダン)

最後にご紹介するのが、【Pho Gia Truyen Bat Dan(フォーザーチュエンバットダン)】です。省略して「フォーザーチュエン」と言われることがよくあります。

こちらも、ハノイ旧市街内にあり、立地としても比較的便利な場所にあります。

【Pho Gia Truyen Bat Dan(フォーザーチュエンバットダン)】でとにかく気を付けてもらいたいのが、営業時間です!

こちらのお店は早朝~10時頃、夕方~18時頃しか営業していません。しかも、その日のフォーのスープがなくなったら営業終了です。

私が行った時は10時前頃に到着して食べることができましたが、その後並んでいた方の途中で売り切れになりました。そのため、どうしてもここのフォーが食べたい場合はオープンの時間を調べてから、早めに行った方がいいと思います。

ベトナムの麺料理の画像こちらのお店もメニューは牛肉のフォーのみ。そして、【Pho 10 Ly Quoc Su(フォー10リークォックスー)】と同じように、牛肉の火の通し方で異なる3種類のメニューとなります。

ベトナムの麺料理の画像お店の入り口で注文と会計を先に済ませると、その場ですぐにフォーを作ってくれるので、フォーを受け取って自分で席に運ぶというスタイルになります。

写真に一緒に映っている揚げパンですが、どのフォー屋さんでもだいたい別に頼むことができます。

この揚げパンをフォーのスープに浸して食べるのがベトナム人流なので、それも是非試してみてください!

【Pho Gia Truyen(フォーザーチュエン)】

◆Address◆

49 Bát Đàn, Cửa Đông, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム

スポンサーリンク


●ハノイのフォー:まとめ

いかがでしたか?ハノイ在住者の中でも、どのフォーが一番好きか意見が分かれる人気店3店。

ローカルな屋台ではありますが、味は間違いありません!ハノイ旅行の際には”フォー”の食べ比べをしてみると楽しいかもしれません!

もし、「ローカルのお店はちょっと心配だけど、本場のフォーは食べてみたい!」という方は、Bar&Restaurantの【CHOPSTICKS】もオススメです。

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Welviet-ウェルベット- , 2019 All Rights Reserved.