ベトナム旅行はスマホの盗難に注意|【すぐに実践できる!】スマホ盗難を防ぐ3つの対策

李瑚/Lico
WRITER
 
ベトナムのスマホ
スポンサーリンク
 
【期間限定の無料公開!】


ハノイ観光ガイドモデルプランnote

元旅行会社社員・現ハノイ在住の旅行のプロが考えたハノイ観光モデルプラン

市販のガイドブックにも掲載されていないお店もご紹介!

「旅行中の1分も無駄にしたくない!」
そんな方におすすめのnoteです。
是非ご覧ください!
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

ベトナムは比較的治安が良く、旅行がしやすい国ですが、近年多発しているのがスマートフォンの盗難です。

現在ハノイ在住ですが、周りの友達にもスマホ盗難被害に遭ったという方も・・・。

実際、最近はお財布やカバンよりもスマホをターゲットにした盗難が多くなっています。

というのも、中身が分からないお財布やカバンよりも、確実に高額で転売できるスマホの方がいいから。

盗難被害に遭わないためにも、旅行中はむやみやたらにスマホを出さないのが一番です。

しかし、今はもうスマホが旅行に欠かせないものですよね。

Google mapでお店の場所を調べたり、カメラで写真を撮ったり、スマホを使わないというのは難しいのが現状です。

折角楽しい旅行なのに、スマホの盗難に遭って悲しい気持ちで帰国するのはとても残念。

そこで、今回はハノイ在住の私が日頃から実践している、ベトナム旅行でスマホ盗難を防ぐ3つの対策をご紹介します。

狙われやすいスマホの端末や、スリがどのような手段で窃盗をするか、最近盗難被害が多発している場所も併せてお話します。

これからベトナム旅行を予定している方は、ぜひじっくりと読んでみてください。

スポンサーリンク


●ベトナムで狙われやすいスマホの端末

一番狙われやすいのはiPhoneです。

ベトナム人の平均給与を見てもスマホはとても高額なものですが、それでもローンを組んでスマホを買う方も多いくらいスマホは普及しています。

また、ベトナムではiPhoneがとても人気で、Androidや他のメーカーの端末よりも高額です。

しかし、ベトナムで販売されているiPhoneは新しくてもiPhone7くらいまで。

日本ではiPhoneXSなどはかなり普及していますが、ベトナムではまだ持っている人をほとんど見かけたことがありません。

そのため、iPhneで機種で新しければ新しいほど高額で転売ができるので、外国人観光客が持っているiPhoneは狙われやすいのです。

●ベトナムのスリによるスマホ盗難の常套手段

一番多い窃盗手段は、通りすがりのバイクがスマホを盗って行く方法です。

道端で止まってスマホを見たり、電話をしながら歩いていると2人乗りのバイクが後ろから結構な速さで近づいてきて、自分が手に持っているスマホをそのまま持って行ってしまいます。

私の周りでも下記のような状況でスマホを盗られたという話を聞きました。

スマホ盗難の一例

●道端でGoogle mapで場所を調べていたら、近づいてきたバイクにスマホを持って行かれた。

●スマホで電話をしながら歩いていたら、近づいてきたバイクにスマホを持って行かれた。

そのため、バイクの多い道では特に気をつけてください

スポンサーリンク


●<ベトナムの都市別>スマホ盗難被害が多い場所

スマホの盗難はやはり観光客が多い場所で起こります。

ここではベトナムのハノイ、ホイアン、ホーチミンを例に挙げて、それぞれの都市のスマホ盗難が多い場所をご紹介します。

*ハノイ

まず、ハノイは観光客が多い旧市街での盗難が多いです。

先日、スマホを使ってカバンに入れた後に、かばんを引ったくられたという被害がありました。

ハノイは政治機関が集まっているため、街中に公安や警察も多く比較的治安がいい方です。

しかし、やはり観光客が多く集まる場所は注意が必要です。

*ホイアン

この数年で他の都市に比べても盗難被害が多発しているのがホイアン。

特に観光客が多い夕方~夜の時間は注意が必要です。

ホイアンは観光地として人気急上昇中で、夜のランタンを見るために多くの観光客が集まります。

また、夜は明かりが少なく街中も暗くなるのでスリにとってはチャンス。

今までホーチミンにいた窃盗集団が最近はホイアンに移動したという噂もあるほどです。

*ホーチミン

ホーチミンは他の都市に比べて事件や事故が多い傾向がありますが、それはスマホの盗難に関しても同じです。

やはり観光客の多い大聖堂や中央郵便局、ドンコイ通り周辺で被害に遭われる方が多いです。

先程ご紹介した“スマホ盗難被害の一例”はいずれもホーチミンでの被害です。

●ベトナムでスマホ盗難被害を防ぐ3つの対策

私自身も外出先でのスマホの取り扱いには細心の注意を払っています。

ここでは、スマホ盗難被害に遭わないためにすぐに実践できる3つの対策をご紹介します。

*バイクの通りが多い道に向かってスマホを使わない

先程お話したとおり、スマホを使っている時に近づいてきたバイクに持って行かれることが多いです。

その為、Google mapなど道端でスマホで調べ物をする場合は、車やバイク通りのある道を背にして使いましょう

*カメラを使うときは両手を添える

スマホのカメラで写真を撮るときは両手でスマホを覆うようにして撮りましょう

スマホカメラはとても気軽に写真が撮れるので、つい片手で持ってしまいますが、特に外で写真を撮るときは面倒でも両手を添えてください。

また、両手で覆うように持つことで、スマホが手から出ている部分が少なくなります。

そのため、スリ犯としても盗みにくくなりますね。

*長めのストラップを付ける

普段は付けることがなくても、旅行中はぜひスマホにストラップを付けてください

長めのストラップであれば、スマホを使うときに首から掛けられるだけでなく、カバンの持ち手に括り付けておくこともできます。

また、目立つ色のストラップだと、カバンにスマホを入れておいてもすぐに見つかるので便利です。

スポンサーリンク


●『旅行中の1分を無駄にしない!ハノイ観光モデルプラン』を期間限定で無料公開中!

ハノイ観光を効率的に楽しみたい方のために、『旅行のプロが考えた!ハノイ観光モデルプラン』noteを書きました。

レストランやカフェ巡り、ショッピングを楽しめる女子旅にぴったりのモデルプランを考えました。

プラン内で紹介しているお店からお店の移動時間は徒歩10分以内という効率抜群のプランです。

また、私自身が足を運んで「おすすめしたい!」と思ったお店のみ紹介しています。

ハノイ旅行の予定がある方はぜひ一度ご覧ください。

\今だけ期間限定で無料公開中!/

●ベトナムでスマホ盗難被害を防ぐ3つの対策:まとめ

ベトナムでスマホ盗難被害に遭わないための3つの対策をご紹介しました。

スリに遭わないためには「隙を見せない」のが一番大切です。

旅行中はつい楽しくて気が緩んでしまいますので、日本ではないということを意識して楽しい旅行にしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Welviet-ウェルベット- , 2019 All Rights Reserved.