ベトナム旅行に海外旅行保険は必要?元旅行会社スタッフが教える2つのポイント

李瑚/Lico
WRITER
 
ベトナム旅行の海外旅行保険
スポンサーリンク
 
【期間限定の無料公開!】


ハノイ観光ガイドモデルプランnote

元旅行会社社員・現ハノイ在住の旅行のプロが考えたハノイ観光モデルプラン

市販のガイドブックにも掲載されていないお店もご紹介!

「旅行中の1分も無駄にしたくない!」
そんな方におすすめのnoteです。
是非ご覧ください!
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。李瑚/Lico(@lico_travel)です。

みなさん、海外旅行に行く際は”海外旅行保険”に加入していますか?

初めに言っておきます。

「何らかの海外旅行保険には必ず加入した方がいいです!」

海外旅行保険に加入しない方の多くは「私なら大丈夫」と思っている方が多いです。しかし、正直その根拠はどこにもありません。

また、在ベトナム日本大使館の公式ホームページでも「海外旅行保険加入」が推奨されています。

今回は、私が旅行会社勤務時にベトナムで実際に起こった事件や事故をお話したいと思います。

その上で、ベトナム旅行において海外旅行保険を選ぶ際のポイントやおすすめのクレジットカードをご紹介します。

スポンサーリンク


ベトナム旅行の海外旅行保険:旅行会社勤務時に体験した3つの事故事例

保険会社のホームページなどによく「心筋梗塞でタイに搬送され950万円」「脳梗塞で入院し450万円」というような事例が掲載されています。

もちろん、このようなことも起こりうることです。

しかし、今回は私が8年間旅行会社に勤務していた際に起こり、事件・事故を3つ、例に挙げて紹介します。

この3つの事例は全て海外旅行保険に加入していた方の例です。

事例① ホテルの浴室で転倒し、手首を骨折

2人でツアーに参加したAさんとBさん。

その日、夕食後にホテルに戻りAさんが先にシャワーを浴びました。その後、行程でBさんが入ることに。

しかし、Aさんがシャワーを浴びた後のシャワールームが濡れていたため、足を滑らせて転倒。

転倒した際に、床に手をついたことで手首を骨折。

すぐに病院に行き治療を受け、ガイド・車代、治療費がかかりましたが、海外旅行保険の“傷害治療費”でカバーされました。

この”浴室で転倒し、骨折”というのは、ベトナムに限らずよく耳にする事例でした。

事例② スマートフォンのひったくり被害

観光中、歩道を歩いて移動していた際に、日本から仕事の電話がかかってきたCさん。

その電話に出て、話しながら歩いていたところ、2人組のバイクが猛スピードで近づいてきました。

そして、耳に当てていたスマートフォンをひったくり、走り去って行きました。

後日、海外旅行保険の申請が通り、“携行品損害”でスマートフォン代がカバーされました。

最近はGoogle Mapで道を確認しながら歩いている観光客も多く、被害が多発しているため注意が必要です。

事例③ 急性胃腸炎で入院

美味しいベトナム料理を楽しんでいたDさん。

しかし、観光2日目の昼食後に急に胃痛がし、急遽ホテルへ戻ることに。

部屋で休んだものの、夕方になっても良くならず病院へ行きました。

結果、急性胃腸炎であることが発覚し、1日入院することに。

病院へ行く際のガイド・車代、治療費、入院費用がかかりましたが、海外旅行保険の“疾病治療費用”でカバーされました。

スポンサーリンク


ベトナム旅行の海外旅行保険:ベトナムの医療費について

病院の画像

実際、”携行品損害”などは、よっぽど高額なものでなければ多くの場合保険でカバーされます。

しかし、一番心配なのが旅行先で怪我などをした場合の“傷害・疾病治療費用”です。

ここで、ベトナムの医療費について見てみましょう。

ベトナムには”公立病院”と”私立病院”がありますが、衛生面などのことから日本人を含む旅行客は基本的に”私立病院”での治療をおすすめしています。

なお、以下の資料は東京海上日動 世界の医療と安全2014年より引用しています。

◆ベトナム(ホーチミン)の”私立病院”の入院費

個室 約66,000円
セミ個室 約33,800円
I.C.U 約82,100円

◆その他の費用

入院保障金 約40,200~80,500円
外来初診料 約8,000~24,000円

※1

手術費 約241,500円 ※2
ベトナムから

日本への移送費

約1,448,800~

1,851,300円 ※3

※1 胃腸炎の場合
※2 手術費のみ(入院費用は除く)
※3 ストレッチャー使用、定期便利用、付き添い医師1名、看護師1名の場合

ベトナムの病院で治療を受けた場合の費用は10割負担となります。

また、ベトナムの医療水準の低さに不安がある場合は、近隣のタイやシンガポールに搬送されることもあり、この医療搬送費が高額となることが多いです。

しかし、この医療搬送はご自身の判断によるところが大きいので、医療搬送が不要ということであれば治療・救援費用の補償額は200~300万円あれば十分でしょう。

スポンサーリンク


ベトナム旅行の海外旅行保険:クレジットカード付帯の海外旅行保険の2つのポイント

クレジットカードの画像

それでは、いざ「海外旅行保険に入ろう!」と思った場合、どの保険に入るのがいいか悩みますよね?

最近はクレジットカード付帯保険、インターネットや空港で加入できる保険など種類もとても多くなっています。

先ほど、『ベトナムの医療費について』で記載した通り、ベトナム旅行の際は傷害治療・疾病治療は200~300万円あれば安心です。

このような条件であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも賄うことができます。

ここでは、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選ぶ際の2つのポイントについてお話します。

◆2つのポイントが揃っているEPOS(エポス)カードの紹介記事は【こちら】

 

ポイント① 傷害治療・疾病治療・携行品損害の保険金額

まず、1つ目のポイントは“傷害治療・疾病治療・携行品損害の保険金額が十分かどうか”です。

◆3つの項目が大切な理由◆
傷害治療・疾病治療・携行品損害の保険金請求が全体の8割を占めるため。

※ジェイアイ傷害火災保険 2017年海外旅行保険事故データより引用

つまり、旅行先で何かしらの事故・事件に遭い、保険請求をした人の8割は傷害治療・疾病治療・携行品損害で保険請求をしているのです。

特に、傷害治療・疾病治療費用が高額になる可能性が高く、先ほど『ベトナムの医療費について』でも記載した通り、200~300万円の保証があると安心です。

ポイント② 保険が自動付帯かどうか

2つ目のポイントは“保険が自動付帯かどうか”です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を適応される場合、以下のような条件が付くことがあります。

◆海外旅行保険適応の条件の一例◆
●自宅から空港までの交通費をクレジットカードで精算する

●海外旅行の航空券やツアー代金をクレジットカードで支払う

このような条件を知らずに、いざ保険請求をしてみたら適応されなかったということもありますので、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードがおすすめです。

スポンサーリンク


ベトナム旅行の海外旅行保険:まとめ

いかがでしたか?

健康状態は一人ひとり異なります。ベトナム旅行の際はぜひご自身に合った海外旅行保険に加入し、安心して旅行を楽しみましょう!

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選ぶ場合は、①傷害治療・疾病治療・携行品損害の保険金額②海外旅行保険が自動付帯かどうかの2つのポイントに気を付けて選んでくださいね。

そのような条件がそろったクレジットカードがEPOS(エポス)カードです。

EPOS(エポス)カードの紹介記事は【こちら】からご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Welviet-ウェルベット- , 2019 All Rights Reserved.