【2019年最新版】バンコクのおしゃれカフェ5選!インスタ映えするのはココ!

李瑚/Lico
WRITER
 
バンコクカフェの画像
スポンサーリンク

*女性向け無料情報アプリ*【LUCRA(ルクラ)】

海外旅行やおでかけ、ファッション情報など女性向けの情報が満載

旅行前にぜひチェックしてみてください!

LUCRA(ルクラ)-知りたいが見つかる女性向けアプリ
LUCRA(ルクラ)-知りたいが見つかる女性向けアプリ
開発元:Gunosy Inc.
無料
posted withアプリーチ

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。李瑚/Lico(@lico_travel)です。

ベトナムからタイやシンガポールなど東南アジアの国々に気軽に行けることをご存知ですか?

例えばシンガポールまで行くのに、日本からだと飛行機で約7時間かかりますが、ハノイからだと約3時間半とほぼ半分の時間で行くことができます。

そして、場合によってはハノイからホーチミンのようにベトナム国内で移動するよりも、他の国に行く方が移動時間が短い!なんてこともあるんです。

実は、旅行先として根強い人気があり、ハノイからもたったの2時間で行けるタイのバンコクがその代表。

今回はそんなバンコクにカフェブームが到来しているということで、バンコクに行ったら絶対行きたいカフェをご紹介します!

スポンサーリンク


●フルーツたっぷりのクレープとワッフルが大人気のiberry

バンコクにいくつか店舗があるスイーツチェーン店の【iberry】

こちらでは南国のフルーツがたっぷり載ったクレープとワッフルが大人気なんです!

iberryの画像バンコクの繁華街でもあるSiam(サイアム)エリアでは、サイアムパラゴンというショッピングモールの中にも一店舗あります。サイアムパラゴンは駅直結のショッピングモールなので、立地も抜群!

iberryの画像そして、オープンスペースとなっているこちらの店舗は、誰でも気軽に立ち寄ることができます。
iberryの画像

《お店の場所はこちら⇩》

【iberry】

◆Address◆

991 อาคาร สยามพารากอน Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ

スポンサーリンク


●リコッタパンケーキは絶対食べたい!Iwane Goes Nature

ガラス張りで自然光の入り、明るい店内の雰囲気が素敵な【Iwane Goes Nature】

iwaneの画像
iwaneの画像

こちらで絶対食べたいのが、ふわっふわのリコッタパンケーキです。とても軽く見えるこのパンケーキですが、食べ終わると思った以上にお腹いっぱいに…。

そして、個人的にオススメなのがバナナココアとタイ名物料理でもあるガパオライスでした!こちらは、朝食の時間でもオーダーできるので、ブランチとしてもいいかもしれませんね。

iwaneの画像
iwaneの画像こちらのガパオライスが美味しかったのはもちろん、一緒に付いてくるあっさりとしたチキンスープがとても美味しかったです!

《お店の場所はこちら⇩》

【Iwane Goes Nature】

◆Address◆

14 Sukumvit 23 (Prasarnmitr) Klongtoey-Nuea Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

スポンサーリンク


●大きな三色わたあめがSNS映え間違いなし!Karmakamet Diner

続いてご紹介するのが、タイの有名なアロマブランド『Karmakamet』がプロデュースしたレストラン【Karmakamet Diner】

賑やかな通りにあるデパートの裏手にひっそりと佇む一軒家レストランのような雰囲気。

Karmakametの画像店内はシックなインテリアで統一されていて、落ち着いた大人な雰囲気を楽しむことができます。

Karmakametの画像

Karmakametの画像

レストランではありますが、Karmakametのアロマグッズの販売もしています。そのため、店内はとてもいい香りが漂っています。

Karmakametの画像
Karmakametの画像

そして、この【Karmakamet Diner】で是非食べてみたいのがこちら。

Karmakametの画像ピンク、黄色、水色の大きな三色わたあめが載ったパフェです。パフェ自体はバナナやコンフレーク、アイスクリームなどが入った普通のパフェですが、何よりこのわたあめのインパクトが本当に大きい!

あまり知られていないのか、店内でオーダーしている方はいなかったので、すごく注目されました(笑)

テーブルセットも英字新聞をアレンジしたランチマットが使われていて、小さなところにもこだわりを感じました。

Karmakametの画像

その他、ドリンクやフードメニューも豊富で、優雅な雰囲気の中でゆったりと食事をすることができます。
Karmakametの画像

《お店の場所はこちら⇩》

【Karmakamet Diner】

◆Address◆

30/1 Sukhumvit Rd Soi Methi Niwet, Khlong Tan Khlong Toei Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

スポンサーリンク


●今、バンコクで話題のブルーのラテ!Blue Whale Maharaj

こちらのブルーのラテは、もしかしたらどこかで一度は目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

そして、一度見ると「絶対行ってみたい!」と思えるような【Blue Whale Maharaj】。通称”Blue Whale Cafe”とも呼ばれています。

Blue Whale Maharajの画像

SNSで話題を集めているこちらのカフェですが、店内があまり広くないということもあり、特にカフェタイムは待ち時間が生じることがほとんど…。

Blue Whale Maharajの画像
Blue Whale Maharajの画像今回も夕方16時頃に行ったところ、2・3階席は満席ということで30分ほど待ちました。ちなみに、1階にも4席ほどあり、そこならすぐに入ることができました。しかし、狭いということと、ブルーのラテの背景にしたいタイルの壁が2階にあるということもあり、やはり2階がいいかなと思います。

Blue Whale Maharajの画像そして、座席の位置ですが2階の6番テーブルがオススメです!

というのも、ブルーのタイルの壁の前にある座席がこの6番テーブルのみだからです。ここに座れればタイルの壁を独り占めすることができます!(今回、たまたまこのテーブルに案内されたので、指定できるかは分かりません。)

《お店の場所はこちら⇩》

【Blue Whale Maharaj】

◆Address◆

392, 37 Maha Rat Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ

スポンサーリンク


●お店自慢のフレンチトーストを朝食に!Luka Bangkok

賑やかな地区でもあるSiam(サイアム)から少し離れたところにある【Luka Bangkok】。10時頃にオープンするカフェが多いバンコクですが、こちらは朝早くからオープンしていて、朝食を食べることができます。

Luka Bangkokの画像

Luka Bangkokの画像

コンクリート打ち放しの店内は、スタイリッシュなインテリアで統一されています。また、お店の周りが静かということもあり、友人とゆっくりとおしゃべりをしながら朝食を食べるのみぴったりのカフェです。

オススメはお店自慢のフレンチトーストと、栄養たっぷりのアサイーボウル。

Luka Bangkokの画像フレンチトーストはベーコンと半熟卵、フルーツとメイプルシロップが添えられているので、食事風にもデザート風にも楽しむことができます。そして、朝食を軽く済ませたいときはアサイーボウルがオススメです!

また、店内ではインテリア雑貨も販売されていて、どれもついつい手に取ってしまう素敵な雑貨でした!

Luka Bangkokの画像
Luka Bangkokの画像

《お店の場所はこちら⇩》

【Luka Bangkok】

◆Address◆

64, 3 Pan Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 タイ

スポンサーリンク


●まとめ

いかがでしたか?ハノイからたったの2時間で行けるバンコク。今回も2泊3日という短い時間でしたが、たっぷり楽しむことができました。

東南アジア各都市に就航しているベトナム航空を利用すれば、ハノイ+バンコク2などの都市巡りをすることもできます!

折角ベトナムまで来るなら、この機会にバンコクまで足を延ばしてみませんか?そして、バンコクでのカフェ巡りを楽しんでくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
李瑚/Lico
元旅行会社社員・現ベトナム在住の李瑚/Licoです。 ベトナム女子旅を120%楽しむ情報をお届けしています。 ベトナムへご旅行の際はぜひ参考にしてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Welviet-ウェルベット- , 2019 All Rights Reserved.